人間関係で悩む

プゥコはスパンコールのキラキラシールを3枚持っていました。
エイラちゃん(仮名)は2枚持っていました。
エイラちゃんを可哀想に思ったプゥコは自分の分を1枚エイラちゃんにあげました。
これで、プゥコ2枚、エイラちゃん2枚となりました。
プゥコとエイラちゃんはいつも仲良し!
めでたしめでたし。

…だったはずなのに!
ここで終わっていれば!
しかし運命とは皮肉なもの。

エイラちゃんがスパンコールを3枚、棚の隅で拾った!
それを見たプゥコ「さっきあげた1枚かえして」
ところが、エイラちゃん「一度あげたものはその人のもの。」
という理屈で、かえしてくれなかった!

「それでね、プゥコ泣いたんだよ。」

こうやって、人間関係の不条理さを学んでゆくのだなぁ。
それだけは、教えてあげたくても、
自分で体験しないとわからないことだもんなー。
がんばれよー!プゥコ!
プゥコのお母さん(注釈参照)みたいになるんじゃないぞー。

■プゥコのお母さん
人間関係が苦手で人になつくのに時間がかかるいきもの
年齢不詳だがプゥコには「永遠にはたちだよ」と言われている
Kindleとd-animeさえあれば人里におりてこないので危険はない
幼稚園の先生の間ではまぼろしのお母さんだと思われている


「プゥコのお母さん」の貴重な生態を捕えた瞬間。夜中にアニメを見ている様子がテレビ放映されたことがある。